なぜ3800円の書籍を無料にするのか?

ダイレクト出版って
ときどき、おもしろい売り方をします。

どんな売り方(?)かといいうと、
商品を無料で売る(?)んです。

送料だけは負担してもらって。

例えば、この本

bknd-180
ダン・S・ケネディが教える
小さな会社のためのマーケティング入門

通常は3800円ですが、
今なら、送料の550円だけで販売しています。
(H27.8.15確認)




それから、こちらも

spim-180

インターネットビジネス
マニフェスト完全版DVDブック


 ⇒ この本の無料は終了したみたいです

2980円の商品が
こちらも送料550円だけ負担で販売(?)されています。
(H27.8.15確認)



なぜ、無料にするのか?

おそらくですが、一番ほしいのは
新規の問合せだと思います。

一度も買ったことがない新規のお客さんをゲットするのは
広告費など大きなコストがかかります。

しかし、一度買った既存客なら、
商品のDMを送れば、また買ってもらう可能性が高いです。

既存客はDMを送れば5人に1人くらい購入するかも知れません。

そのときのコストは
120円×5人=600円

一方で新規のお客さんは、膨大な広告費、営業費がかかります。

ネット広告で集客する場合
安く見て1クリック100円のネット広告で、
サイトを見た人の50人に1人が購入したとすると

100円×50人=5,000円

既存客が600円で再購入してくれるのに対し
新規客は5,000円かかります。

おそらくダイレクト出版は
新規客の集客のコストを考えと、
商品を無料にしてもおつりが来ると思っているのでしょう。

そして、次の購入でたっぷり利益を出すことを狙っている。

ダイレクト出版は、膨大なテストを繰り返して、
数字で判断しているので、
その方が集客コストが安くなるから
やっているのだと思います。

無料にすることにより、
50人に1人の購入する確率が
大幅に上昇するのでしょう。

仮に無料にすることにより10人に1人が購入するとすると
100円×10人=1,000円

3800円を550円の送料だけでいいとすると
3800円-550円=3,250円 (安くしている分をコストとして)

1,000円+3,250円=4,250円

最初の5,000円が4,250円になるので
750円お得です。

数字は私の勝手な予想ですが、
おそらくこうゆう理由で、商品を無料にしているんでしょうね。

まさに、「損して得取れ」

ダイレクト出版の無料商法は、
自分のビジネスの参考になるかも知れませんね。



今、無料にしている商品
(送料550円だけの負担)

bknd-180
ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門


 ⇒ この本は今でも無料



spim-180
インターネットビジネス
マニフェスト完全版DVDブック


 ⇒ この本の無料は終了したみたいです



  

コメントを残す

  

このページの先頭へ